葉酸不足による欠乏症とは?症状や不足しやすい状況を解説

葉酸不足による欠乏症とは?症状や不足しやすい状況を解説

葉酸は腸内で作られるので、通常はそれほど欠乏症の心配はないといわれてきました。しかし、必要摂取量が増す妊娠準備~授乳期まではもちろんですが、女子大学生などの若い世代でも葉酸が不足気味であることが指摘されるようになりました。

今回は、「葉酸不足による欠乏症とは?不足しやすい状況を解説」と題し、葉酸不足の症状について解説します。

葉酸は、元気な赤ちゃんを作りやすい体にするための栄養素として認知度が高まってきましたが、他にも様々な役割があるので不足しないように今回の記事を参考にしていただけたら幸いです。

1.葉酸が欠乏するとどうなる?

葉酸が欠乏するとどうなる?

妊活の際に果たす葉酸の大きな役割は、先天性異常の予防効果と赤ちゃんを作りやすい体を作る働きです。葉酸の概要については、こちら「妊活に不可欠な葉酸とは?食事での効果的な摂取方法を徹底解説」にて紹介しています。

葉酸が元気な赤ちゃんを産むためには必要不可欠な栄養素であることは言うまでもありませんが、その他にも非常に重要な役割を果たしています。葉酸が欠乏した際の症状について4点紹介します。

葉酸欠乏症の症状①特有の貧血=巨赤芽球性貧血を引き起こす

血という貧血症状を引き起こします。葉酸もビタミンB12もビタミンの仲間であることから、巨赤芽球性貧血は「ビタミン欠乏性貧血」とも呼ばれます。

巨赤芽球性貧血は鉄欠乏症貧血などの他の貧血と同様にゆっくりと進行します。

■症状

  • 動悸
  • 息切れ
  • 消化器症状(食欲不振・慢性胃炎)
  • 舌乳頭萎縮(舌の表面にある舌乳頭が委縮して赤く平らになってしまい、焼けるような痛みを伴う症状を引き起こします)
  • 舌炎(舌の炎症)

悪性貧血も巨赤芽球性貧血の一種です(萎縮性胃炎などによって起こるビタミンB12の欠乏が悪性貧血です)。

葉酸欠乏症の症状②先天異常のリスク増大

厳密にいえば葉酸欠乏症というわけではありませんが、妊娠前から妊娠初期にかけて葉酸を摂取すると赤ちゃんの先天異常リスクが低くなることがわかっています。逆にいえば、妊娠前から妊娠中(特に初期)の葉酸不足は赤ちゃんの先天異常(神経管閉鎖障害)のリスクが高まってしまいます。

先天異常とは、赤ちゃんが生まれてくる前に発育の過程で起こった障害のことを指します。日本国内では、だいたい1万人に対して6人の割合で神経管弊社障害がみられます。

先天異常に関しては、こちら「葉酸は妊婦さんにおすすめ!2つの理由について徹底解説」の記事にて詳しく紹介していますので、よろしければ参考にしてください。

葉酸欠乏症の症状③動脈硬化などの生活習慣病の危険因子に

葉酸は、動脈硬化を促進するアミノ酸「ホモシステイン」を無害化する働きも持っています。
従って、葉酸が欠乏すると動脈硬化のリスクが高まる要因にもなってしまいます。実際に、アメリカや日本での例で葉酸の摂取による動脈硬化予防への効果が確認されています。

ホモシステインの増加は動脈硬化だけではなく、高血圧や心筋梗塞、脳卒中などのリスクを高めることも知られています。

葉酸欠乏症の症状④骨折や骨粗しょう症のリスク増

動脈硬化を促進するホモシステインが増えると、カルシウムやコラーゲンが十分に足りていても骨折しやすくなってしまったり、骨粗しょう症のリスクが高まったりすることが知られています。

2.葉酸の必要量とは?葉酸はどんな時に不足するの?

葉酸の必要量とは?どんな時に不足するの?

葉酸が不足してしまうと元気な赤ちゃんを産むためにも、健康な状態で長生きするためにも多くのデメリットをもたらします。
では、普段私たちは葉酸の必要量をきちんと摂取できているのでしょうか?葉酸が不足しやすいのはどんな時なのでしょうか?

ここでは、葉酸の必要量や不足しやすい状況について紹介します。

葉酸の必要量・推奨量

厚生労働省が公表している「日本人の食事摂取基準」の中に1日あたりの葉酸必要摂取量が記載されています。

必要量と推奨量は以下の通りです。

推定平均必要量 推奨量
18歳以上女性 200μg/日 240μg/日
18歳以上男性 200μg/日 240μg/日
妊娠計画中の女性(付加量) +400μg/日
妊娠中の女性(付加量) +240μg/日
授乳中の女性(付加量) +100μg/日

妊娠計画中・妊娠中・授乳中の女性の推奨量は「付加量」なので、通常の食事による摂取量に追加して摂取することが望ましいとされています。

「神経管閉鎖障害のリスクの 低減のために、付加的に 400µg/日のプテロイルモノグルタミン酸の摂取が望まれる」と記載されています。プテロイルモノグルタミン酸とは、サプリメントや栄養強化製品などに含まれる葉酸のことです。

葉酸の平均摂取量

では、私たちは普段どの程度の量の葉酸を摂取できているのでしょうか?

公益財団法人日本心臓財団によると、日本人の1日あたりの葉酸摂取量平均は280mgです。妊活・妊婦・授乳婦のママを除けば、必要量・推奨量をしっかりと満たしています。

しかし、だからといって安心してはいけません。

葉酸は、ほうれん草から発見された栄養素ですが、野菜に多く含まれている栄養素です。特に若い世代は、野菜全般が不足がちなので、食事による葉酸摂取量が不足している可能性があります。

2000年に出版された「女子大学生のビタミンB12,葉酸栄養状態について」にて21・22歳の女子大学生244名を対象に行った調査によると平均葉酸摂取量は約190μg/日となりました。通常の必要量に少し足りていないということになります。このように健康な若い女性に葉酸不足がみられる原因は、食生活の変化やダイエットなどによる栄養(野菜)不足、葉酸が水溶性のため長く体内にとどまらないことなどが考えられます。

葉酸が不足しやすい時期①妊娠準備~妊娠期の女性

再三紹介している通り、妊娠準備期から妊娠期の女性は、赤ちゃんの先天異常予防のため、葉酸の必要摂取量が多くなります。

厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」においても、
「妊娠を計画している女性、または、妊娠の可能性がある女性は、神経管閉鎖障害のリスクの 低減のために、付加的に400µg/日のプテロイルモノグルタミン酸の摂取が望まれる」とサプリメントでの葉酸摂取を推奨しています(プテロイルモノグルタミン酸=サプリメントに含まれている葉酸のこと)。

厚生労働省でも、サプリメントによる葉酸の補給を推奨しているということですね。

葉酸が不足しやすい時期②授乳期

産後も、授乳中は葉酸が不足しやすくなります。
ママが赤ちゃんに与える母乳の主原料は血液なので、授乳しているうちは血液を作る際に必要な鉄分、葉酸、ビタミンB12などの栄養素が不足しがちになります。

喫煙・大量の飲酒・カフェインは葉酸不足を招く要因になる!

国立健康・栄養研究所によると、原因は不明であるものの喫煙者は煙草を吸わない人に比べて血液中の葉酸が不足していることが多いそうです。

また、アルコールには葉酸の吸収を阻害したり、排出を促進したりする働きがあるため、毎日お酒を飲む方も葉酸不足を招きやすいことが指摘されています。

コーヒーや緑茶、コーラ、栄養ドリンクなどに含まれるカフェインの利尿作用にも要注意です。
水溶性の葉酸は、尿に溶け出して体外に排出されやすいので、利尿作用のある飲料を摂取するとせっかく摂取した葉酸が大量に失われてしまうことがあります。

葉酸の吸収を助けてくれる栄養素

葉酸不足に落ちらないためには、葉酸の摂取量を増やすことも大切ですが葉酸の吸収を助けてくれる栄養素の摂取も大切です。
葉酸の吸収を助けてくれる栄養素は、以下の5点です。

  • 亜鉛
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12
  • ビタミンC

これらの栄養素を葉酸と一緒に摂取すると、葉酸の吸収が高

3.まとめ

葉酸が不足した場合、赤ちゃんの先天異常のリスクが高まってしまう他に、巨赤芽球性貧血を引き起こす、骨折しやすくなる、動脈硬化などの生活習慣病のリスクが高まるなどの弊害があります。

妊娠準備期から授乳期までの特に不足しやすい時期はもちろんですが、食生活や飲酒・アルコールの習慣などによって不足しやすい状況を招いてしまうケースもありますので注意しましょう。

葉酸不足を解消するには、葉酸を多く含んだ食品を摂取する、葉酸の吸収を助けてくれる栄養素を摂取する、サプリメントを活用するなどの方法があります。

関連記事

  1. 葉酸含有量で比較!おすすめの人気葉酸サプリ6選

    葉酸サプリ

    葉酸含有量で比較!おすすめの人気葉酸サプリ6選

    葉酸サプリメントを選ぶ際に大きなポイントになるのが葉酸含有量ではないで…

  2. 葉酸は妊婦さんにおすすめ!2つの理由について徹底解説

    葉酸サプリ

    葉酸は妊婦さんにおすすめ!2つの理由について徹底解説

    厚生労働省が公表している「日本人の食事摂取基準」によると、妊婦さんは通…

  3. 葉酸に副作用や摂りすぎによるデメリットはあるの?

    葉酸サプリ

    葉酸に副作用や摂りすぎによるデメリットはあるの?

    葉酸は水溶性ビタミンの一種です。特に妊活や妊娠中に飲むべきサプリメント…

  4. 葉酸の働きとは?働きを知れば妊活に不可欠な理由が分かる!

    葉酸サプリ

    葉酸の働きや効果は?働きを知れば妊活に不可欠な理由が分かる!

    妊活や妊娠の際に不可欠だといわれる栄養素といえば葉酸ですね。厚生労働省…

  5. 葉酸は妊娠を意識したらすぐにスタート!理由や摂り方を解説

    葉酸サプリ

    葉酸は妊娠を意識したらすぐにスタート!理由や摂り方を解説

    厚生労働省を始めとした様々な機関や医療の現場で、妊娠の際の葉酸摂取の大…

  6. 妊活のときに気を付けること~食事編~

    葉酸サプリ

    妊活のときに気を付けること~食事編~

    これから妊活をスタートする 妊活をスタートしたもののまだ…

最新記事

  1. 葉酸は妊娠を意識したらすぐにスタート!理由や摂り方を解説
  2. 妊活におすすめの葉酸サプリ5選と摂取時のポイント
  3. 葉酸不足による欠乏症とは?症状や不足しやすい状況を解説
  4. 葉酸含有量で比較!おすすめの人気葉酸サプリ6選
  5. 妊活のときに気を付けること~食事編~
  6. 葉酸の働きとは?働きを知れば妊活に不可欠な理由が分かる!
  7. 葉酸は妊婦さんにおすすめ!2つの理由について徹底解説
  8. 葉酸に副作用や摂りすぎによるデメリットはあるの?
  9. 妊活に不可欠な葉酸とは?食事での効果的な摂取方法を徹底解説
  10. 妊活の時に気を付けること~生活改善編~
  1. 妊活に不可欠な葉酸とは?食事での効果的な摂取方法を徹底解説

    葉酸サプリ

    妊活に不可欠な「葉酸」とは?食事での効果的な摂取方法を徹底解説
  2. 葉酸に副作用や摂りすぎによるデメリットはあるの?

    葉酸サプリ

    葉酸に副作用や摂りすぎによるデメリットはあるの?
  3. 葉酸は妊婦さんにおすすめ!2つの理由について徹底解説

    葉酸サプリ

    葉酸は妊婦さんにおすすめ!2つの理由について徹底解説
  4. 葉酸の働きとは?働きを知れば妊活に不可欠な理由が分かる!

    葉酸サプリ

    葉酸の働きや効果は?働きを知れば妊活に不可欠な理由が分かる!
  5. 葉酸は妊娠を意識したらすぐにスタート!理由や摂り方を解説

    葉酸サプリ

    葉酸は妊娠を意識したらすぐにスタート!理由や摂り方を解説
PAGE TOP